心の癖・体の癖(体癖)

体と心の話

違いを知るということの目的〜体癖〜

当塾でお伝えしている『体癖』(心の癖・体の癖)というものについて、時々その目的について尋ねられることがあります。 それは、タイプ別に分類することの目的ということだと思います。 その目的はいくつもあります。 たとえば療術の専門家...
体と心の話

体癖〜生まれつき違う価値観、性格、体質

野口整体における体癖論とは?人間がもつ生まれつきの体質、体格、体型、性格、感受性、価値観…など、個性の本質について迫る人間学です。上下型、左右型、前後型、捻れ型、開閉型に分類され、さらに二つのタイプに分けられ、一種、二種、三種、四種、五種、六種、七種、八種、九種、十種というふうに分類されています。
体と心の話

エネルギーの現れ方(体癖別etc.)

上下型、左右型、捻れ型、前後型、開閉型、それぞれのタイプ(体癖)による余剰エネルギーの現れ方について解説してみました。
体と心の話

背骨のゆがみと硬直〜体癖と側湾症について

背骨には心理的な動き、疲労などが表れているという話を、当塾では何度もしています。 これは言い換えると、その人の心の「癖」が表れているということでもあります。 ですから、専門家が背骨を見れば、その人のだいたいの性格がわかります。 「だい...
体と心の話

一目惚れや好みのタイプと体癖

一目惚れをしてしまう、いつも同じようなタイプの人を好きになってしまう、逆に同じようなタイプの人を嫌いになる、苦手なタイプがある・・・これらの理由は、野口整体でいう体癖論に照らし合わせてみるとよく分かります。
体と心の話

集中力とこだわり

子どもの集中力はどうやって鍛えられるのか?そして、やたらと集中力やこだわりが強すぎて、周りが見えていないような子どもがいるのはなぜでしょうか?集中力を養うために必要なことと、体癖という観点から考えてみました。
タイトルとURLをコピーしました