腰痛/椎間板ヘルニア〜個人指導(整体)の事例

長期間、腰の痛みがひどく、病院に通っていたのですが、病院で勧められていた腰の手術を受けることにふんぎりがつかず、整体を受けに来らた人の話です。

痛みは既に限界に近い状態で、日常生活さえままならない状態だったようです。

 

その方の腰には、確かに年期の入った硬直と捻れが起こっていました。

そしてその硬直と捻れの元をたどってみると、腰ではなく、背中の右側にその原因とみられる異常がありました。

しかもそれは、肝臓を中心とした内臓の疲れによるものです。

 

ご本人は、「腰痛が肝臓のせいだなんて、聞いたことがない!」と、少々納得がいかないようでした。
しかも、背中の固いのは右側、本人の腰の痛みは左側です。

 

そこで、その背中の右側の硬直部に、刺激を与えるように押さえていきました。
すると、「押さえられているのは右なのに、左足に響く痛みを感じる」というのです。

 

また、お腹をさわってみると、肝臓部(右側)に固い塊が出来ていました。

その塊のレベルからいって、そうとう肝臓の「萎縮」が起こっていたと考えられます。
肝硬変レベルの手前といっていいでしょう。

 

よく話を聞いてみると、去年受けた健康診断で、肝臓の異常を示すような結果が出て、血糖値も高めだと言われていたそうなんです。

しかもその前に禁煙したことをきっかけに、ますますストレスを強く感じるようになり、暴飲暴食が始まり、体重も急に増えだしたという話でした。

腰痛がひどくなったのは、その頃からのようようでした。

 

原因がはっきりした事で、気持ちの上ではずいぶんと楽になったようですし、気持ちを切り替えることもできたようです。

暴飲暴食をやめる決断をし、最初一ヵ月ほどの間は集中的に個人指導を受けることになりました。

 

このペースは人それぞれですが、この方の場合、気持ちの切り替えと、モチベーション維持のためにも、あまり間隔をあけずに受けることを、ご自分で決断されました。

減食も頑張って継続し、一ヵ月後には何とか日常生活を送れる状態になりました。

その後手術を受けることも、病院に行くこともなく過ごしています。