生理不順(無月経)〜整体の事例

以下は、整体を受けに来られた方で、長い間生理不順(何ヶ月も生理が来ない時期がある)でお悩みの方から頂いたメールです。

ご本人の許可を頂いていますので、掲載させて頂きます。

 


 

昨日整体を受けたあと、驚くことがありましたので、嬉しくてご報告したくてメール致しました。

帰りに近くの本屋さんに行きまして、しばらく本を見てましたら、下腹部が何だか気持ち悪く(生理が来た時の感覚)になり、「そんなことはないと思うけどな~」と思いながら、とりあえずトイレに行ってみたんです。

そしたらびっくり!生理がきていたんです!

 

偶然とは考えられないタイミングでの生理と、やっぱり先生すごすぎるな!という驚きとでとても嬉しくて思わずメールしてしまいました!

 

先日、会社にいる同い年の女の子が生理が2ヶ月ほど来なかったのでさすがに不安に思い、婦人科を受診したそうです。

そうしたら「生理を起こす注射を打っときますか」という流れになり、注射を打ってから2、3日で生理が来ると思いますから、来なかったらまた受診してください、と言われ帰ってきたそうです。

その注射によって、確かに2、3日後に無事に生理は来たそうなんですが、「無事に生理がきてよかったね!」とその子には言ったものの、その話を聞いて内心私は「う~ん…、それって果たして大丈夫なのかな~?」と思ってしまいました。

もちろん、そのまま生理が来なければ体にとってはもっと不自然だったのかもしれませんし、注射を打って強制的に生理を起こすことも大事なのかもしれませんが、山内先生のお話をいろいろと聞いていると、やはり生理が来ないのもいろんな理由が重なってたりするのかもしれないな~、だとすれば、より自然なアプローチの仕方もあるだろうな~、と思いました。

 

私は山内先生のおかげで、より自然な方法で体と向き合うことができているんだな~、ありがたいことだな~と感じています。本当にいつもありがとうございます。

 


 

以上が頂いたメールの内容です。

生理不順の原因として、よく「骨盤の動きが悪いから」「骨盤や股関節に歪みがあるから」といったようなことが言われています。

それも言えることではあるのですが、実際に当塾でいつも感じていることは、心理的緊張による身体の緊張です。

歪みも動きの悪さも、それが奥深くにある、ということです。

本人は全く気付いていない、意識していなくても、体はとても正直です。潜在意識に直結しているのです。

 

ちなみに、メールを頂いた女性は何度か当塾に通っていただいている方で、このときが初めてではありません。

何回も来ていただく中で信頼関係(ラポール)を築き、その結果、整体を受けることによって潜在意識にまでアプローチをできるようになった、ということが言えるでしょう。