心の癖・体の癖(体癖)

体と心の話

何故他人と自分の考え方や動き方は違うのか?

改めて、「心の癖・体の癖」の基礎について書き残しておきたいと思います。 人間の背骨は、首の部分にある頸椎(7個)、背中の部分にある胸椎(12個)、腰の部分にある腰椎(5個)で成り立っています。 腰椎の一番上の腰椎1番は大脳の働きと繋...
体と心の話

理解できない相手

不登校に関する相談から考える、子どもや他人の理解できない行動、理解できない発言についての話。その背景には、体癖の違いというものがあります。その違いを知らずに上の立場の人が意見や考え方を押し付けてしまう、その反発により様々な問題が生じてくるのです。
体と心の話

「一目惚れ」の理由

突然ですが、あなたは「一目惚れ」をしたことがありますか?(笑) 「一目惚れ」というほどのことではなくても、何となくパッと見た瞬間に「感じの良さそうな人だな」と思ったことは何度かあるのではないでしょうか? 異性であれ、同性の人であれ、恋愛...
体と心の話

ある親子のすれ違い

心の癖・体の癖(体癖)から見る親子の価値観の違い、性格の不一致などについて。タイプ(体癖)が違えば、片方には異常に見えることも、片方では正常なこと。その違いは親子のような力の差がある関係では、一方を抑圧してしまうことにもつながりかねません。
体と心の話

違いを知るということ

当塾では、整体法における「体癖」論を「心の癖・体の癖」として紹介しています。 この理論に興味を持つ人の多くが、「理解出来ない他人の言動」ということについて悩んでおられるようです。 たとえば家族、同僚、友人、近所の人・・・ そもそも...
体と心の話

学ぶ、身につけるということ

随分昔お世話になった人に、「理論や技術を学ぶということは、一つ責任を背負うことだ」と諭されたことがあります。 とても印象的な言葉として今も心の中に残っています。 理論も技術も、それは人生を、そして自分がかかわる社会を豊かにするために...
タイトルとURLをコピーしました