四肢(腕、脚)の整体法

1ffa933a4d0a3339d5f8ece1cb0eb5a8_s

今まで何度か整体法勉強会を開催してきましたが、どうしても、背骨とかお腹、頭…といった部分が中心になり、手足のことを取り上げる機会が少なかったかな、と少々反省をしています。

当たり前ですが、本当は手足も重要なチェックポイントです。

 

腕、脚に症状が出ているという人は、かなり体が疲れている人です。

なぜなら、ほとんどの症状は胴体から始まるからです。

たとえば、極端に、練習もしないでマラソンを走ったりすれば、いきなり膝を痛めたりもしますが、そういうのは大抵、数日で自然に回復するものです。

しかし、慢性的に膝が痛いとなると、それは腰や背骨に弾力がなくなっていたりして、膝に負担がかかるような体になっているせいです。

または、内臓、特に膝なら腎臓ですが、そういった問題が背後にあるからです。

 

なので、こういう場合も体の軸である胴体や、さらには頭などをみていかないといけないのですが、逆に、脚にまで症状が出ている人は、こんどは胴体だけ観てもよくならないのです。

固まってしまった胴体を、さらに外側からロープで固定するかのように、手足がロックしてしまったような状態になっているんです。

 

そういう場合は、手足を使って、まずロックを外さないといけません。

 

また、腕の場合はそれに加えて、頭の中と大きな関係があります。

たとえば脳が損傷してしまった場合、腕そのものや指に麻痺が出ます。

緊張すると手が震えたり、物を落としたりするのも、頭の中、精神的な面とも関わりが深いからです。

そういう意味で、腕の操法というのは、心理面にも働きかける操法である場合があります。

腕をうまく整えて行くと、頭がスーッとする、なんていう人も多いです。

実際には、脚も頭と関係があるのですが・・・。

 

とにかく、このように、本当は手足の操法というのはとても大切なものなんですね。