動くことと休むこと

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s

私達人間は普段、二本脚で立って動いています。

二本脚というのは本来、とても不安定なものです。

 

通常、脚が二本しかないテーブルなんてものはありません。

安定して立たせておくためには、最低三本の脚が必要です。

 

竹馬に乗ってみるとわかるように、脚が二本しかない場合は、止まっているのが難しいです。

常に動いていなければいけません。

二輪車が常に動いていないと倒れてしまうのと一緒ですね。

 

人間の場合は、内側に力が働きますから、二本脚でも立っていられますが、それでも実は長時間立ったままでいるというのは、大変体に負担がかかるものです。

立ち仕事の人でも、動きのある立ち仕事の人と、一定の位置に立ちっぱなしでいる人では、圧倒的に後者の人のほうが体を痛めやすいようです。

 

ともかく、やはり人の体は、動くことが大事なわけです。

動くために出来ている、と言っていいでしょう。

動かないと倒れてしまうわけですから。

 

 

動くということは、「行動する」ということでもあります。

行動するということは、目的を持つということでもあります。

目的といっても、利益が上がるとか、将来役に立つとか、そういうことばかりではないと思うんです。

理由はわからないけど、どうしてもチャレンジしてみたいとか、興味を惹かれることがあるとか。

 

メリットの有無にかかわらず、やってみようという意思のようなものです。

もしそれがないのなら、見つけるべきだと思います。

身の回りの、どんなに些細なことであっても。

他人からみれば、どんなにつまらないことであっても。

「面白いものなんて身の回りにない」とか、「こんなことやっても意味がない」とか、周りのせいにしていないで。

 

やはり人間の体は、そして心は、動くために作られているからです。

動くことをやめると人は、立っていられなくなります。

だから横になって、眠っていたほうが楽になります。

そして、今度はだんだんと、何もやる気がなくなってくる。

 

「やる気が出ない」とか、「いつまでも眠たい」「体が重い」という相談を受けることも度々ありますが、そういう人は、一度こういう観点で、自分の生活を顧みることも大事なんじゃないでしょうか。

 

動いているということは、本当は、だらだらと寝て休んでばかりいることの何倍も快適なものです。

そして動き疲れたら休む。

快適な休息というものは、そうして初めて得られるものであって、本体の目的は動くことです。

動くために休む、のです。