骨盤・背骨の歪みと脊椎側湾症

tukusi

「背骨の歪みは万病の元」「骨盤の歪みは万病の原因」・・・

整体やカイロプラクティックの案内などでよく目にする言葉です。

しかし、この「背骨の歪み」「骨盤の歪み」に対する一般的な認識には、かなりの誤解があるようです。

 

■「肩の高さ」や「足の長さ」の違いは?

一般的に、肩の高さの左右差、首の傾き、足の長さの左右差などを基準に、背骨や骨盤のゆがみを指摘されることがあります。

頭の角度(顔の向き)なども指摘されることがありますが、まず基本的に、それらの歪みは誰もが持っています。

おそらく、全くない人など一人もいないでしょう。

 

そして、それらの見た目の歪みが、必ずしも痛みや病気の原因となっているわけではありません。

たとえば、肩こりのひどい人が鏡を見て、自分の左右の肩の高さが違っていることに気づいたとしても、その肩こりが、肩の高さの違い(=背骨の歪み)で起こっているとは限らないのです。

 

しかし当然、度を超した歪みがあるのはよくありません。

では、どの程度までならその歪みには問題がなくて、どの程度の歪みがあると、体に支障をきたすのでしょうか?

 

実は、その幅には個人差があります。

たとえば、仮に2cmの歪みでも、ある人にとってはそれが普通の姿だし、ある人にとってはそれが異常ととれる、そんな違いがあるんです。

その人にとって、それが普通の姿なのか、あるいは異常なのか、それを見極めるには、その人の生まれ持った骨格の特徴や、全身の体の弾力などを把握して判断しなければなりません。

それを見極めるのが整体等の専門家の仕事であって、最初から「背骨の歪みが原因」と決めつけるのはおかしいのです・・・

 

まぁそれはともかく、自分で判断するには、その歪みによってどんな支障を感じているか、が基準になるでしょう。

背骨が曲がっていて、その曲がっている部分に痛みを感じたり、曲がっているせいで動きにくい、取りにくい姿勢がある…等の問題があるかどうかです。

(お困りの方で、きちんと確認・調整したい方は、整体をお受けになってください。)

 

■歪みは「現象」であって、「原因」ではない

ひどい歪みによって痛みが起こることは実際にありますし、後述する「脊椎側湾症」と呼ばれるような、極端な歪みもあります。

しかし、その歪みも、何らかの原因があって起こることです。

背骨や骨盤の歪みは「現象」であって、何か別の原因があって起こっていることなんです。

 

よく「普段の姿勢が悪いから、背骨や骨盤が歪むのだ」ということが言われます。

たとえば、「足を組む癖がいけないんだ」とか。

しかし実際には、骨盤や背骨が歪んでしまうほど、足を組み続けることは難しいのです。

よほど長時間、同じ組み方で固定したまま、毎日を過ごす・・・というのでない限りは。

 

たいていの場合は、いくら足を組んでいたとしても、何度も組み替えたり、途中で立ち上がったりのくり返しのはずです。

しかも、その程度のゆがみだったら、他の姿勢をしている間、あるいは寝ている間に解消されてしまいます。

 

ただ、「職業病」と言われるように、体の一部分に極端に緊張させたまま酷使し続けるような場合は、話は別です。

それが何時間も、そして何ヵ月を続けていれば、その姿勢に即した歪みが発生することは実際にあります。

 

■背骨の歪み、骨盤の歪みの原因

上記のような特別な環境における姿勢の影響以外には、どんなことが歪みの原因になっているのでしょうか?

「職業病」でも、たとえば腕ばかりを使う職業の人ならば、腕の疲れの蓄積が背骨に表れてくることがあります。

 

また、他の理由として、内臓の疲れによっても背骨には歪みが生じます。

たとえば、肝臓が疲れてくると、「胸椎の8番・9番」という場所の右側に硬直が表れます。

長期に渡っていれば、その硬直は激しくなり、それが原因となって、背骨が傾いたり捻れたりという『歪み』が起こります。

頭の使い過ぎで脳が疲れれば、首~首の付け根あたりが硬直し、ひどくなれば腰にも及びます。

こうした内臓や脳などの異常が背骨に表れて、それがやがて歪みとして表れてくるのです。

しかもこれらの歪みは、一ケ所だけで起こるわけではなく、長期に渡ればその硬直の範囲が広がります。

 

また、一ケ所が歪んだままではバランス取れなくなるために、今度は別の場所がそのあおりを受けて疲労し、硬直し、また歪みが発生します。

その歪みの拡大や移動が、腰に達すれば腰痛に、肩に達すれば肩こりや四十肩として表れることがあります。

 

■背骨の歪みと「心」の関係

実際のところ、背骨が大きくゆがむ原因には、心理的な問題が最も多いです。

何かを耐える時には身をよじらせて我慢するように、ガッカリした時には背中を丸めるように、心の様子というのはその姿勢に表れます。

一時的なものであれば特に影響はありませんが、そうした心理状態が常に続けば、固定化されてしまうものです。

その心理状態というのは、自覚できない場合も多いのです。

自分では平気でいるつもりでも、心の奥ではいつも我慢しているとか、自分の弱さを認めたくなくて、いつも強がっているとか。

 

特にこういうことは、まだ心も体も成熟していない子供の頃に起こりがちです。

というより、子どもの背骨の歪みの大半は、心理的な問題の現れであると思ったほうがいいでしょう。

 

親が厳しくて、いつも我慢している子もいるでしょう。

親が忙しくて、いつも寂しさをこらえている子、
親の価値観を押し付けられ、いつも自分の本当の希望を抑えている子、
親の期待に応えようとして、いい子を演じている子・・・

しかしそうした本当の気持ちを、子どもは言葉にできません。

だから、内側でこらえるしかないのです。

 

■脊椎側湾症状と子どもの心・体

心と背骨は密接に繋がっています。

その背骨が、これからまっすぐ伸びていこうとするのが子供の頃です。

そして、心もまっすぐに伸びていこうとしているのが本来の姿です。

 

しかし、その伸びようとする心を押さえられてしまうと、内側で曲がってしまいます。

「脊椎側湾症」のほとんどが、子供のうちに起こっているのには、そういった原因があってのことと言えるでしょう。

(横に曲がる側湾症に限らず、極端な猫背なども同じです。)

 

ちなみに大人の場合は、こうしたストレスを、ある程度いろんな形で発散することもできます。

酒を飲んだり、カラオケで騒いだり、やけ食い、衝動買い・・・

好きな事をしては、不平不満を口に出したり、人の悪口を言ってみたり。

だけど子どもがそんな行動を取ったり、不平不満を言おうものなら、余計に大人に怒られてしまいます。

だから自分の内側に溜め込むしかないのです。

 

こうして、子どもは自らの体を歪ませたり、壊したりしていきます。

それ以外原因はありますが、ともかく、脊椎側湾症の体を整えるには、ただ背骨をまっすぐに矯正するのではなくて、その「抑え」を取り除いたり、体にたまったストレスを取り除いていかなければなりません。

 

■背骨の歪みはストレスの「クッション」

とにかく精神的なストレスであれ、肉体的なストレスであれ、ある意味では背中を丸めたり、体を傾けたりすることで受け止め、こらえ、表現しているのです。

そのことに目を向けず、例えば背中に棒を当ててまっすぐな姿勢を取らせたり、無理矢理矯正したりして、形の上だけでまっすぐにするのは大変危険なことです。

そうすると、背骨を曲げることでこらえていたストレスが、行き場をなくすことになります。

あとはそのまま、ダイレクトに脳・心に突き刺さっていくしかありません。

 

内臓の疲れや筋肉疲労にしても同じです。

背骨で起こった歪みや硬直が頭にまで達してしまうと、脳の問題にまで発展してしまいます。

足にまで広がれば、歩けなくなってしまいます。

 

そうした背骨の持つ意味や役割を無視して、形だけ整えることがいかに危険なことか、おわかり頂けるかと思います。

 

 

英語では背骨のことを「バックボーン」と言いますが、それは「精神的な土台」という意味でも使われる言葉ですね。

骨盤や背骨は、身体の『物理的な柱』であると同時に、心理的な土台、柱でもあります。

 

その一方で、「背中で語る…」というように、背骨には、口では言えない、顔には表せない、体や心の奥にしまいこんでいる『本当の姿』を、さり気なく表現していたりもするのです。

本当に必要なことは、その「本当の姿」に気付き、心身を健康に導いていくことではないでしょうか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの方にお伝えするために、読んだらクリックでご協力頂けると嬉しいです。

 ↓  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村