春の体、新春の体と心理の変化

a0790_000834

新しい一年が始まりました。

本年もよろしくお願い致します。

 

2017年の元旦、そして2日までは、穏やかなとてもいい天気でした。

冷え込みもあまり厳しくなく、気が早いかと思われるかもしれませんが、ほんの少しだけ春の予感さえ感じられる気がしました。

 

というのも、実際に、年が明けてからは、身体、そして心理面でも、既に春への準備が始まっていくのです。

年末に向けてはどちらかというと身体は引き締まりが強くなります。

そしてピークを越え、正月以降はゆるみへと向かいます。

 

とは言っても、まっすぐにゆるみへ向かうのではなく、本当の春までは紆余曲折があります。

しまったり、ゆるんだりの波を細かく繰り返しながら、トータル的にはゆるんでいくようになっています。

雪が降るような寒い日もあれば、合間合間に春の予感を感じさせる晴れの日もある、そんな気候が繰り返され、それとリンクして体や心も変化していきます。

そして、インフルエンザが流行ったり、風邪をひいたり、早い人では2月頃から花粉症の症状が出たり。

こういう症状も、固まり切った体をゆるめるための波の一環、ととらえることもできます。

 

また、これは毎年言っていることですが、1月10日前後には鼻を中心とした大きな頭部の動きが出る時期です。

この時期に鼻の周辺がかゆくなったり、どこかにぶつけたりする人が増えます。

ぶつける、なんていうのが偶然に起こることのようですが、不思議とこの時期に多いのです。

本能的な何かがあるのでしょう、この時期に合わせて体に刺激を与え、ゆるみを促そうとする働きがあるのではないかと思われます。

 

こうした一連の心身の変化は、3月に向けてどんどん大きくなっていきます。

今はまだ締まりが強い時期ですが、しかし春までの間は何かとにぎやかになっていきます。

これは逆に考えると、体や心に変化を与えるには適した時期だということです。