実りを得るには

1277414

春は夢見る季節、夏は行動の季節、そして秋は『実りの秋』なんていうふうに言われています。

秋は春や夏の結果だ、今までの努力の結果が出るのが秋、というような考え方もあります。

 

実際の季節の話ではなくても、たとえば人の一生を季節に例えるような考え方もあります。

「青春」と呼ばれる少年時代が春、がむしゃらに突っ走る青年の頃が夏。

中高年の頃が秋で、その頃になると、若い頃の努力が報われる。

人生の「結果」が出るのは中高年になってからだ、というような…。

 

でも、これは少しだけ違うと、私は思っているのです。

何が違うのかというと、秋になっても、たとえば中高年になっても、時には若い頃のがむしゃらな行動とか、勢いが必要な時はあるということ。

そして逆に、若い頃にあまり突っ走れなかった、頑張れないまま秋の時代を迎えたとしても、決して遅くはないということです。

 

なぜなら、私達には『今』という時間しかないからです。

『今』以外を体験することができないからです。

 

そして、これから作っていけるものがあるとしたら、それは『未来』です。

過去は、決して操作することができません。

だからあまり過去のことを持ち出しても、参考にならないのです。

 

 

では秋の時代に、実りを得るために必要なことは何なのでしょう?

一言でいうと、「もう一歩、踏み出す」ということです。

 

夏の時代に突っ走ってきた人は、散々走って来たのだから、じゅうぶん「前進」をしてきたと思っているかもしれません。
しかし、それではまだ足りないのです。

足りないから、まだ実りを得られていないのです。

もう既に実りを得られるだけの資格が備わっていたとしても、実りそのものを得るためには、もう一歩だけ踏み出さないといけないのです。

 

オリンピックの100メートル走の、ゴール直前を思い浮かべて下さい。

オリンピック決勝に出る選手なんて、みんな実力は僅差のはずです。

全員が勝てる資格を持っているといっていいでしょう。

全員が今まで同じように努力し、誰がメダルを取ってもおかしくないレベルのはずです。

だけど最後の最後に、もう一つ胸を突き出して、最初にゴールラインに体が触れた人が勝つのです。

その最後の「突き出し」が大事なんですね。

 

オリンピックの例はまぁ極端だとしても、そういうことです。

じゅうぶんやってきたから、もういいだろう、なんてことはないのです。

「もう一歩」が必要なんです。

 

何か今までにはやっていないこと、ちょっと勇気のいること、ちょっとだけ「無理かもしれない」と思えること、その一歩を踏み出せるかどうかで、結果が全く違ってきます。

その違いは、「一歩の差」どころではありません。

もう一歩進んで行けば、出口のドアに手が届いていたのに・・・という位の大きな違いなのです。

出口の外には、新しい広大な世界が広がっていたのに・・・。

 

春・夏の時代に、充分な行動をしてこなかった人ならば、尚更です。

動かなかったために鈍ってしまった心身を動かすためには、まず最初の「一歩」が必要です。

その一歩は、とても重たいことでしょう。

勇気がいるし、「無理かもしれない」と思えることでしょう。

しかし、その一歩で自分が石になるか、豊かな花と実を生み出す存在になるかの大きな分かれ道です。

 

「実り」は自然にやってくるものではありません。

自ら一歩踏み出して、つかみに行くものです。

 

※潜在意識と願望実現法 CD講座  動画講座