心(潜在意識)の癖を変えるためにフォーカスすべき事

a1380_001250

人の体は、悪いものを食べてしまえば排泄するようにできています。

しかし、悪いものも度を超すと、体内に溜め込んでしまうものです。

体に合わないものを食べ続け、そして体に合わないことをし続けていると、「余分なものを寄せ付けない・排泄する」という機能自体が鈍ってしまうのです。

 

そしてさらに、鈍りがひどくなると、今度は体に合わないものを心地よく感じるようになってしまう、という傾向もあります。

たとえば、ジャンクフードやお菓子、味の濃い食べ物ばかりが美味しく感じられ、新鮮な野菜や魚などの素材を活かした料理が美味しく感じられない・・・というように。

 

 

さて、ここでは食についての話をしたいのではなく、ここからは心についての話しです。

同じ様な法則性が、心にもあるのです。

 

そしてこのことは、人生全般の幸せにも勿論関係あるのですが、身心の健康にも大変大きな影響があります。

特に「何をやってもなかなか健康になれない」という人には、気を付けて頂きたいことでもあります。

 

それは、“心に取り入れる情報”についてです。

 

世の中には様々な情報があります。

健康に関する情報も無数にあります。

ネットで調べても情報には不足しないでしょう。

 

情報は、“心に食べさせる栄養源”とでもいうべきものでしょう。

 

食べ物における栄養源というのは、例えば骨に必要な栄養分、筋肉を動かすのに必要な栄養分・・・といった様々なものがあります。

筋肉に食べさせる栄養分、骨に食べさせる栄養分・・・と言い換えることができるかもしれません。

さらには、筋肉が好む栄養分、骨が好む栄養分・・・というように。

 

もちろん、このようにはっきり分けられるほど、人間の体は機械的に出来ていません。

話を進めていく上での例え話として了解していただけたらと思います。

 

 

心にも、色々な「側面」があります。

人の心は多重構造とでも言うべき複雑なつくりをしています。

そして、それぞれの側面が好む“栄養分”というものがあるのです。

 

かなり極端な分け方ですが、心の中には「良い自分」と「悪い自分」がいる、という言い方が昔からされています。

「強い自分」と「弱い自分」、とか。

「心の中には『天使』と『悪魔』が棲んでいる」などとも喩えられています。

 

この喩えを用いて、さらに話を進めてみることにします。

 

 

心の中の天使と悪魔、このどちらが好む栄養分を多く摂っているかによって、当然その心の姿形は変わってきます。

心と体は一体ですから、体にも結果として表れてきます。

 

「健康になりたい」「健康でありたい」という願望にも、心の中の『天使』と『悪魔』が働き出します。

 

天使のささやきは、当然「健康になろう、その為にできることをやろう」というようなものでしょう。

更には「元気になって、今まで以上に趣味も仕事も楽しもう」というような、将来のことまで描き出すかもしれません。

 

一方、悪魔のささやきはこうです。

 

「今さら健康になるって言ったって、病院に行っても治らなかったんだし、もう歳だし…。」

「もっと悪くなっていくかもしれないから、仕事もそこそこに、欲を出さずにいたほうがいい…。」

そして、心の中の悪魔は、そのネガティブな思いを正当化するような情報を栄養源として、ますますそのパワーを高め、増殖するのです。

 

「人間は歳とともに病気になるのが当たり前」とか、

「大気中には多くの有毒物質が混ざっている」とか、

「人の多いところにいると病気になりやすくなる」とか、

「現代の食生活では栄養不足に陥ってすぐに病気になる」とか、

「ちょっとしたストレスもうつ病の原因になる」とか・・・

 

心の中の“悪魔”は、その不安を煽るような情報を好むのです。

だからそのような情報をありがたく思うし、不安を煽るように心配してくれる人を「親切」だと思えてしまうのです。

 

極端な人になると、重い病気、悪い状態だと診断し、更には「もっと酷くなるよ」と脅しをかけるような人ばかり信頼してしまう、という人もいます。

健康になるためには、いい方向に導こうとしてくれる人が必要なのに、そういう人には反発してしまうようなことまであるのです。

 

当塾に来られた方の中でも、多くの方がこう仰るのです。

 「体の具合が悪いんですが、これはもう歳だからですかね」

 「これって、治らないものなんでしょ?」

 「私のような症状は、どんどん悪くなるって聞きましたが」

 

もちろん、マイナスの情報が気になってしまうのは当然ですし、特に調子が悪い時にはネガティブになってしまうのも分かります。

しかし、そんな「心の中の悪魔」の声の言うことに、同情している場合ではないのです。

その心構えとでもいうものを、普段から少しずつ軌道修正していく必要があるのです。

 

体の不調は、その原因はどうあれ、本人の身の上に起こっていることには違いありません。

それが良くなっていくかどうかの舵取りは、本人にしていただくしかないのです。

 

どんな治療法を受けるか、どんな健康法を行うかといったその方法以前に、心が悪い方向にばかり向かっていると、どんな優れた治療や健康法の効果もそぎ落としてしまうことがあります。

 

体調が悪い時というのは、どうしても“心の中の悪魔”の方が出しゃばってこようとするものです。

しかし、そういう時に、まんまと悪魔の声に栄養を与えてしまうと、ますます不安は増大し、体も心に描いた通りの状態になってしまいます。

 

そして、普段から心の中の悪魔が出しゃばりやすい人は、特に普段の心の栄養に気を付けて、『心の基礎体力』を付けておく必要があります。

 

天使と悪魔…そのどちらのサイドに自分の心が傾いているか、自分の心にジャンクフードばかりを与えていないかどうか、よくチェックしてみることは大切です。

 

 

誰の心の中にも天使と悪魔はいる訳ですから、 いつも前向きに、いつも希望を持って・・・というわけにはいかないかもしれません。

しかし、“希望”とか、“前向きに”とか言う、精神論を書いたつもりではありません。

体に与える栄養分の法則性と同じ様な、現実的な話、心の法則性の話です。

 

 

こういう記事検索し、ここまで読んで頂いたことは、あなたの心の中の天使サイドの働きによるものです。

その天使サイドを、少しずつでも大きくしていきましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの方にお伝えするために、読んだらクリックでご協力頂けると嬉しいです。

 ↓  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村