身体のしくみ

身体のしくみ

季節と体・心(2、初夏~秋)

前回(冬〜春)の続きです。 春にゆるんで動きが良くなった骨盤は、後側が上昇するような動きを見せます。 つまり、お尻が上がって、腰が反るような格好です。 すると足腰が軽くなり、とても行動的になります。 これが春の後半から初夏にかけ...
体と心の話

季節と体・心(1、冬〜春)

当塾では、体・心の変化と季節の変化の関係性を重要視し、いろんな場で紹介しておりますが、2回にわたり、一年分を大きくまとめてみたいと思います。 冬の寒い時期を一日に例えると、夜です。 人の一生に例えると、終末期、或いは死後の世界(?)...
体と心の話

呼吸、呼吸法と身体・意識

当塾の整体(個人指導)では、体の変化の目安として呼吸の変化を見ます。 体がうまくゆるんでくると、呼吸が深く、ゆったりとした余裕のあるものになってきます。 心身が緊張してしまっている人は、短く浅い呼吸を小刻みに繰り返していますし、体や心の...
体と心の話

歪みや痛みの元

意外に思われるかもしれませんが、整体の際に、頭部を触っていると、腰の歪みが取れていくということが度々起こります。 頑固な腰の硬直はそう簡単に取れるものではありませんが、体に不自然な力が入っていて、たとえば右の腰だけ頭のほうに上がってしまっ...
体と心の話

体のねじれと心のねじれ

固く締まったペンのキャップを外す時、なかなか取れない壁の画鋲を外す時など、無意識のうちにそれらを捻っているものです。 ただまっすぐ引っぱるよりは、回しながら引っぱった方が力が入り、抜けやすいはずです。 逆に固い壁に画鋲を刺す時も捻り...
体と心の話

原動力は背骨力

大記録を出すスポーツ選手や選手寿命の長い人の体の特徴として、背骨の弾力性、バネがあります。その背骨を揺らしながら動いているような人のほうが、好成績を出し、選手寿命が長いようです。筋力による瞬発力ではなく、背骨のしなりによる動きで、むだな力を使わないからでしょう。歳を取っても元気な人、寝たきりにならない人も同じです。
タイトルとURLをコピーしました