ストレスの多い人

「今日はよく動いたから、少し多めに食べても大丈夫!」

・・・ダイエット中の人に、よくある話です。

「今日は暑くて汗もかいたし、カロリー消費量も多いはずだから、少し多めに摂っても大丈夫」とか。

「今日はものすごく仕事でストレスを感じた!今日は特別だから、ストレス解消のために焼き肉!!」とか。

しまいには、「こんなに毎日我慢してハードな仕事をしているんだから、時々食べ過ぎたって罪じゃないよね・・・」

「今日は彼氏とケンカしたから・・・」

「今日は上司に嫌味を言われたから・・・」

「今日はいっぱい頭を使ったから・・・」

 

結局いろんな理由をネタにして、自分がダイエットをしなくていいように、周りの人にも、自分にも言い聞かせてしまっています。

 

 

酒がやめられずに、体を壊している人がいるとします。

体によくないのは分かっているけれど、飲まずにはやっていられない毎日なんだとか。

会社に行けば上司が口うるさい。

客の理不尽なクレームにも我慢して頭を下げ、若いやつらは半人前のくせに自分の権利ばかり主張する。

クタクタになって帰る家では、妻が「帰りが遅い」だの、「家事を手伝え」だの、挙げ句の果てには「主婦だって忙しい」とか、「近所付き合いも大変なんだ」とか愚痴を言う。

 

本当につらいのはこっちのほうだ。

だから酒ぐらい飲んだっていいだろう・・・

酒に走らざるを得ない理由なんて、いくらでもあるんだと・・・

 

そうやってストレスを抱え込むのが上手になってきます。

 

もし「ストレス」というものがなくなったなら、ダイエットをしなくていい権利までなくなってしまいます。

酒を飲む権利もなくなってしまいます。

「妻よりも俺のほうがつらいんだぞ!」と主張する権利もなくなってしまいます。

 

他にも、他の人よりも優しくしてもらえる権利、気を使ってもらえる権利、無理をしなくてもいいよと言ってもらえる権利、頑張らなくてもいい権利・・・

様々な権利があります。

 

自分は特別に多くのストレスを抱えている、人よりもストレスが多い、どこに行ってもストレスを感じる、心が休まる場所がない・・・

 

そんなふうに感じている人は、実は様々な権利を守るために、自らストレスを探しては抱え込んでいる可能性もあるんです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの方にお伝えするために、読んだらクリックでご協力頂けると嬉しいです。

 ↓  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村