創造性と自分らしさ

「この失敗にはどんな意味があるんだろう?」とか、

「自分が生まれてきたことの本当の意味を知りたい」とか、

「自分の価値ってなんだろう」とか、

「自分の天職を知りたい」

「どんな生き方が自分にあっているんだろう?」とか・・・

 

しまいには「自分は前世でどんなことをしていて、その結果、今生では何をすればいいんだろう」とか、
「この試練には、神様からのどんなメッセージが含まれているんだろう」とか。
とにかくやたら「意味」とか「答え」にこだわる人っていますよね。
最初から、どこかに決まった答えがあるのだと。

それを知りたいんだ、と。

でもそれって、「答えを出してくれない限りは動きません」と言っているようなもので・・・

「ちゃんと答えが出る問題じゃないと解こうとしません!」と言っているようなものだと思うんですよ。

ともすると、「正解を教えてくれないならテストを受けません!」と言っているようなものですよね。
「意味」とか「価値」とか「天職」というものは最初からどこかに用意されていて、もしくは誰かが用意してくれていて、自分はそれに出会えれば幸せになれる、と。

今自分が不幸なのは、それらに出会えていないせいだ、運が悪いせいだ・・・メッセージがちゃんと届いていないせいだ、と。
それでいて、「創造的な人生を」「自分らしい生き方を」なんていうことを言っていたりする。

どうやら近頃の「創造性」や「自分らしさ」は、セミナーの中、自己啓発本の中で見つける事ができるものなんだそうです。