免疫力、適応力、自然治癒力を鍛えるには

「健康のためには免疫力UP!」なんていうことがよく言われていて、免疫力を上げる食べ物とか、体を温めるといいとか、いろんな情報が出回っています。

それぞれ根拠があってのことだと思いますが、ただ、仮にそうやって免疫力を上げることができるのだとしても、実際の自分の身の回りを無菌状態にしていたのでは、上げる意味も無いというか、結局その免疫力も出番がなく退化してしまいます。

 

もちろん、これは仮の話で、身の回りを無菌状態にすることなんて出来るはずもありません。

でも、あまりにも除菌だ殺菌だと躍起になっていると、免疫力そのものが弱っていきます。

本人としては、アレルギーがひどいからとか、菌に弱い体質だから除菌・殺菌に気をつけているんだというけれど、実際はどっちが先だかよくわからない。

 

だけど今までの経験では、よくよくその人を観察し続けると、どうやら菌に過敏なのは体ではなくて頭のほうだ、ということのほうが多いです。

頭で感じる、だけど実際に症状が出るのは体のほうです。

だから本人も、医者も、これは体の問題だ・・・というより菌の問題だ・悪い物が体に入ったせいだ、というように判断することになるわけです。

 

ただどちらにしても、本当に免疫力をつけたければ、その免疫力が働く機会のある場所に出なければなりません。

一番の方法はそれでしょう。

たとえば、英語力を付けるのに一番効果的なのが、外国人と実際にしゃべることだというのと同じことです。

「実際に話すのは、単語も文法も全部完璧に教科書で覚えられて、どんなテストでも満点を取れるようになってからにする」なんて言っている人は、いつまでも外国人と自然に話せるようにならないんでしょうね・・・。

 

 

さてこの「免疫力」っていうのは、まぁ実際の免疫力とは違う話ですが、心理的な面でも同じことが言えます。

たとえば、人と話すのが苦手な人というのなら、それを克服するためには、やはり人前に少しずつ出なければなりません。

人前で緊張してしまうのなら、人の視線を浴びる事に対する「免疫力」を付けないといけません。

人の多いところに行くと気分が重くなるとか、たとえば「邪気」みたいなものを感じて疲れるんだとか・・・ そういうのも、やはりそういう現場で免疫力を付けなければいけません。

環境が悪いから、世の中が悪いからといって閉じこもっていたのでは、いつまでもこの世の中で元気に生きていけないですからね。

クリーンなスポットだけを選んで、「そこに行くと元気が出る」っていうのも、あるかもしれません。

だけど、それと免疫力とは全く別の話です。

 

世の中には現実に、悪い菌もいっぱい飛び交っています。

悪い人もいるし、悪い情報、暗いニュースも多いです。

ただ、そんな中でも私達は今生きているということ、その力が、私達の体や心の中にはあるということ・・・。

 

「危機感が足りない」という批判もあるかもしれません。

ただ、この世は危機だらけの汚れた世界だとして、不安を前提に生きるか、それとも色々問題はあるけれど、その中でも生きている自分たちの生命力に光を当てるか・・・ 私は後者のほうを選びたいし、「自然治癒力」というのもは、そういうものだと考えています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの方にお伝えするために、読んだらクリックでご協力頂けると嬉しいです。

 ↓  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村