またその話

3a9702fdc1f8e4e726632b498887acd4_s

整体(個人指導)の時や教室などの時にアドバイスしたことに対して、

「はぁ〜、またその話?」

なんていうリアクションをされることが、けっこう頻繁にあります。

 

確かに、同じ話を何度も聞くのはつまらないかもしれません。

だけど、同じ相手から、同じアドバイスをされることの意味っていうのは、よく考えてみれば分かるはずです。

前に言われたことがクリアされていないから、また同じことを言われるわけです。

 

逆に、会う度に違うことを言われたとして、それを全部実行できるのだろうか?

・・・一つの課題をこなすだけで精一杯の、不器用な私は、ついそんな疑問を持ってしまうのです。

 

時には、初めて会う人に、似たようなリアクションをされることもありました。

気になった点をアドバイスすると、

「それ、よく言われます」とか、
「別の所でも言われましたけど」とか。

残念そうな、時にはちょっとイラッとした感じで返されるのです。

おそらく、

「別の所でアドバイスされたけれど改善されず、それでわざわざ訪ねてきたのに・・・」

「結局ここも一緒か」

「結局ここでも、分かってくれないんだ」

なんていう思いがわき起こるのでしょう。

 

だけど、どこへ言っても同じことを言われるのだとしたら、もしかしたら、一番「分かってない」のは、自分自身なのかもしれないのです。

みんなに指摘されることや、何度も指摘されることだからこそ、それが一番正しい指摘なのかもしれないんです。

だけど、そのことをからは目をそらし、全然実行しないで、逃げているだけかも知れないのです。

 

そして、自分にとって都合のいい、別の答えをくれる人を待っている。

自分にとって都合のいい答えなんて、今までの自分を肯定してくれる答えでしかありません。

そんなんで、何が変わるというのでしょう??

その答えの通りにしていたところで、今までの自分のままです。

 

 

みんなに指摘されることとか、繰り返し指摘されることっていうのは、案外「当たり前のこと」だったりします。

「そんなこと、分かってますよ」と言いたくなる。

だけど、その当たり前のことが、実は出来ていないから、真剣に取り組んでいないから、何度も、繰り返し指摘されるのではないでしょうか。

 

その当たり前のことの中に、聞き飽きた言葉の中に、実は大きなヒントがあるのではないでしょうか?

そのことに気づくまで、何度でも、いろんな人に、また同じことを言われるのでしょう。

 

そして、同じ失敗を繰り返すのでしょう。