骨盤の本当のしくみ

「骨盤を締めると痩せる」とか、「骨盤を締めると若返る」というような話を聞いたことがある人も多いかと思います。
また、「産後は骨盤が開いているから・・・」とか、「骨盤の歪みが万病の元」とか、そういう情報も数多く出回っているようです。

これらすべてが間違っているわけではありませんが、それでも多くの場合、その認識には誤解があるように思います。

 

確かに骨盤が余計に開くと太る傾向はあるし、産後は骨盤が開いているのも事実です。
ですが、それらを引き締めるに当たっては、ベルトで骨盤を引き締めたり、外側から力を加えて押し込んだりしてもダメなんです。

そういう方法でも一時的には閉まるかもしれません。
しかし、体の内側に、骨盤の正しいポジションを保持する力、つまり「中心に集まる力」が働かなければいけません。
そして、正しい骨盤のポジションを保持する力の源は、主に腰(腰椎部)にあります。
腰にしっかり反りと弾力があることによって、骨盤の正しいポジションは保たれるのです。

骨盤をグイグイ引き締めても効果がないのは、そのためです。

 ※産後間もない時期は、腰に力が入らないようになっています。


 

その頃に無理にトレーニングをしても、腰や骨盤は引き締まりません。

また、ベルト等で締めていると、自然に締まろうとする力がいつまでも働かず、逆に引き締まりに長い時間がかかってしまう傾向があります。

ヨガのポーズなどでも、脚を内側に閉じるようにすれば骨盤が締まる、と考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それらが直接的に骨盤の引き締めにつながることは、あまりないようです。

逆に、脚を大きく開くようにすると骨盤が開いてしまうかというと、これもそういう訳ではありません。

むしろ、脚を大きく開いて腰を伸ばす「開脚」のポーズを行うと、腰に反りが出来て弾力がついてきます。
実はこの腰の弾力こそが、骨盤の適切な引き締まりの原動力となっています。

また、同じく腰の反りと弾力を養うために、正座の状態から仰向けに倒れる体操もお勧めです。
ただし、腰~骨盤の弾力がない人や、太ももの伸びの悪い人にとっては、とてもつらい体操です。
くれぐれも無理をしないようにしましょう。

最終目標としては、膝が床について、背中もあまり床から離れない形です。

しかし多くの場合は腰や太ももなどが固くなっていて、膝が開いて床から浮いてしまうことでしょう。

気長に、無理をせずに続けてみてください。

腰、骨盤に弾力がない人は、脚にばかり力がかかり、太ももばかりが太く・固くなる傾向もあります。
この体操は縮んだ太ももをしっかり伸ばす意味もあり、同時に腰~骨盤を引き締めることにつながります。

ただし、産後間もない方は行わないでください。