コロナ自粛を経て

コラム

まだまだ予断を許さない状況とはいえ、緊急事態宣言も解除され、徐々に「自粛」ムードも緩和されつつあります。

そんな中、先日整体を受けに来られていた方が、興味深い話をしてくれました。

 

その方は飲食店の経営者です。

自分の店を持つという夢を叶え、繁華街の一角に店を構えて約10年。小さいながらも人気店として繁盛していたお店でした。

しかしその繁華街にて新型コロナ感染者が出て、お店は休業せざるをえなくなりました。

 

どうしているのだろうと心配していたのですが、本人は「もう毎日休みだと思うと気楽でしょうがない!」と言うのです。

もちろん、蓄えがあるのか、それともきちんとした補償を受けられたのか、差し迫って生活に困る状況ではなかった、という条件あってのことです。

そうではないお店の人にとっては、そんな悠長なことを言っている状況ではありません。

 

ただやはり驚いたのは、夢だった自分の店を持ち、その店を一生懸命運営してそれなりの人気店にした、ある意味自分の分身のような店が休まざるを得なくなった時に、「気楽でしょうがない」「毎日幸せ」などと感じてしまった、というその心の動きについてです。

 

多分本人も、そのことに最初は驚いたに違いありません。

店を一生懸命運営していくことが自分にとっての一番の幸せだ、と思っていたはずなのに、いざ休みになってみれば、「あれ?そうでもなかったのかな」と気づいたわけです。

今まで、そう思い込んで、つらいことも、いやなことも、「これはプラスになる経験だ」と言い聞かせて無理をしてきたということ。

自分にとっての幸せは、もっとほかのところにあるんじゃないか、ということ。

(ただそれは、店を続けることが不幸せという短絡的なことではなくて、その幸せのために、今までと違う店の運営の仕方をするといい可能性もある、という意味です。)

 

こんなふうに、今回のような大きな出来事、しかも長期間にわたる「非日常的」な生活を通して、今までの自分の中にあった「歪み」のようなものに、気づいた方もいらっしゃったかもしれません。

特に仕事、人間関係、お金といった、人生にとって大きな割合を占める部分が、一気に形を変えざるを得なかった時期です。

その変化を通して、むしろ積極的に、それらに対する自分の正直な感覚というものに向き合ってみると、今までなんとなく抱えていた悩み、自分自身の生活への違和感などを、別の角度から見つめ直し、新しいアイデア、解決策などを導き出すチャンスになるのではないでしょうか。

 

自粛期間も一旦終盤、新しい局面へと向かっているこの時期、ご自身の環境そして心の中に起こる変化を、じっくり観察してみてはいかがでしょうか?

 

そういう意味で、この時期を「有意義に」過ごし、そして不安を緩和させ意味あるものに転換する心の使い方、と言う意味で、4月の頭に一つ期間限定の教材を作りました。

遠隔愉気(遠くにいる人に向けての手当て/愉気)の方法と、「現状の不安を乗り切るために」という音声講座です。

こちらは新型コロナによる自粛が続く期間の限定販売となっていますが、6月いっぱいは販売を継続する予定です。
(状況によっては延長もあります)

タイトルとURLをコピーしました