一歩踏み出す

「聞き流すだけで成功するCD」とか、「聞くだけで心が変わる話」とか、そういうものが世の中にはたくさんあります。

普段偉そうなことを言っている私も、恥ずかしながら、そういうものに目がくらんだこともあります。
だけど結果的に、私の場合は、聞くだけで成功することはなく、聞くだけで自分が変わったという自覚もありませんでした。

あくまでも、私個人の話です。
私の聞き方、捉え方が間違っていただけかもしれないし、私が試していないだけで、実際には効果があるものも存在するのかもしれません。

だけど私は経験がない以上、そういうものを勧める事ができません。
また、自分を含め、そういうものばかり求める人を見てみると、自らを省みることなく、成功とか成長とか治癒とかいうものは、まるで天から降ってくるもの、誰かから与えられるもののように思っている傾向があると思うんです。

もちろん、これも私の知っている範囲で、あるいは自分自身のことに限っての話です。

私の知らない所では、そうでない人もいるのかもしれません。

なのにこういう事を言うのは無責任なのかもしれませんが、少なくとも、当塾の「願望実現法講座」をはじめ、他のCDも、決して「これを聞けば全てよくなりますよ」なんていうものではないんです。

その点は改めて、ご理解頂いた上でお聞き頂きたいと思うんです。

「とにかく金出して買うんだから、聞けば結果出るんでしょ」という気持ちも分からないではないですが、どうしてもその姿勢で結果が出ることは難しい。
それ自体が、心というものの法則性なんです。

結果を出す為には、まず実践してみること・・・当たり前ですが、これが大事です。

実践せずに、聞くだけで結果が出るなんてことが無いのは当然ですが、
「いや、これは実践できないな」と考えながら聞いている人も中にはいるはずです。
私自身も、そういうところがありましたから(汗)

やらなくていい理由を考えながら聞いてしまうんです。
批判の言葉を考えながら聞いてしまう。

こういうことは第2弾のCDの中でも話しているので、これ以上ここでは言及しませんが、ともかく聞いた話をやってみて、そして自分なりに消化してみて、はじめて自分自身の身になっていくものですよね。

たとえばヨガの本だって、読んだだけで体が柔らかくなるはずはありませんよね。

「読むだけで体が柔らかくなるヨガブック」とか、
「見るだけで痩せるエクササイズDVD」とか、
そんなものがあったら、絶対に怪しいですよね。

なのになぜか、心とか潜在意識とかの話になると、「聞くだけで…」「読むだけで…」というものがまかり通ってしまう傾向もあるようです。

様々な分野で成功している人の話を聞いたり、いろんな本を読んだりするのは、とても大事なことだと思います。

「成功者に会って話を聞くことが、自分が成功者に近づく道だ」とか、「成功者の『オーラ』とか『気』に触れる事で・・・」というような話もよく聞きます。

だけど、ただ聞いたり読んだりしただけでは、そこまでだと思うんです。

聞いて読んで、感動して涙を流したところで、それはその場の一時的な心の高揚にすぎません。

その読んだり聞いたりした話を、どうやって形に現すか、行動に現すか、それが自分を変える「第一歩」を踏み出すかどうかの違いだと思います。

ただ感動しているだけでは、その場で足踏みしているのと同じことですから。

願望実現法講座(第1弾)      (第2弾)