本当の自分の心

当塾では「願望実現法講座」というテーマで潜在意識に関するCDを作り、販売しています。

皆さんそれぞれに「成し遂げたいことがある」とか、「心や潜在意識について知りたい」とか、いろんな目的があってこのCDをお聞き頂くのだろうと思います。

でも中には、

「自分が何を望んでいるのが、よくわからない」、
「自分の本当の願いや気持ちがわからない」、
という方もいらっしゃるかもしれません。

「特に望みなどない、毎日淡々と生きていられればそれでいい」という人もいらっしゃるかもしれません。
勿論、それはそれでいいと思うんですが、でももしかすると、そう仰る方の中には、本当に自分の気持ちとか願望とかが、わからなくなってしまっている人もいるのです。

それはずっと長い間、おそらくほとんどが幼少の頃から、自分の本当の気持ちとか、自分の要求を押さえ込む癖を付けてしまっている人です。
無意識のうちに押さえ込んでしまっているから、中にはそんな自分に気づかない人もいるんです。

でも、「本当の自分」っていうのは、実は何かの拍子に顔を出しているんです。
何かの拍子に、自己主張をしようとするんです。
無意識のうちに。

 

たとえば、仕事がうまくいかないとか、人間関係がうまくいかないとか、やらなければいけないことがうまく進まないとか、まるで自分の進路や目の前の出来事を邪魔するかのような、そんな出来事を通して、現在の「本当の姿ではない自分」を崩そうとする・・・そんなこともあるんです。

 

「自分の願望が分からない」という人でも、そして「私個人の願望だけを実現させようなんて、恐れ多くてできない」なんていう人でも、小さな願望さえ全く無い、という人はいないと思います。

前から欲しかったけれど、ちょっとだけ高くて買えなかった服とか、前から行ってみたかったけど、ちょっと遠いからあきらめていた場所とか。

そういう些細なことでもいいから、とにかく実現させてみること、それを繰り返しているうちに、だんだんと「本当の自分の願い」を見る目が育ってきます。
それはつまり、「本当の自分を見る目」でもあリます。

そして、自分がもっと、いろんな可能性を持っているんじゃないか? という、「自分への期待」が広がっていきます。

さらには、他の人に対しても、世の中に対しても、色々な可能性を感じてあげられるのです。

だから、世の中を悲観してばかりいたり、他の人を固定観念で縛り付けるようなことがなくなってくるんです。

CD『気でつながる心理テクニック』で、「理由はわからないけれど、近くにいるだけで安心する人」・・・というような存在感の話をしましたが、それは実は、そういう人のことでもあるんです。
まぁとにかく、「自分の願望がわからない」という人も、「自分の心なんて信用できない」なんていう人も、まずは些細なことでもいいですから、自分の願望を叶えてみて、そして自分の潜在意識には、そんな『力』があるんだということを知ってほしいと思います。

そして、『本当の自分の声』に、耳を傾けられるようになって欲しいと思います。

 

「願望の実現」っていうのは、決して、利己的なことではないんです。

「潜在意識の仕組みを知る」ことで願望を叶えるというのも、決してずるいことではないと思うんです。

むしろ、こうした『持っている力』をしっかり使わないほうが怠慢と言えると思います。

それらを使って、私たち一人一人が心を拡げていくことは、回りの人たちや世の中に対しても、必ずプラスになっていくことだと思います。