健康法の理想

理想を言えば、「健康法」なんていうものは、いらなくなっていくのが本当なんです。

 

あれがいい、これが悪い、と気にする必要がない状態が健康。

野菜じゃないとだめ、バランス良く食べないとダメ、規則正しい生活じゃないとダメ、8時間寝ないとダメ・・・

そんなふうに堅苦しい生活を「健康的」だなんて誤解している人も多いようですが、健康であるということは、本来体も心も「自由」であるはずです。

 

だから、たくさん知っている人が健康、というわけではありません。

というより、たくさん知っている人ほど不健康で、あまり知らない人のほうが元気に毎日を過ごしている、なんていう例も何度も見てきました。

 

こだわっている人が健康、というわけでもありません。

「オーガニック」な生活をしているから健康だ、というわけでもないようです。

理論上はオーガニックなほうが体にいいはずなんですが、現実はその通りになっていません。

 

オーガニック主義を長年続けていても不健康な人は多いです。

一方で、食生活などに一切気を配っていないのに元気な人も多いです。

 

私達がやっている整体などの技術にしてもそうです。

手を尽くせば尽くすほど体が元気になるか、というとそうでもない。

達人はほんの数分の技術で、相手の体や心に変化を与えてしまいます。

 

それも、その人の腕のおかげというよりは、ふとしたきっかけを与えることで、本人の体や心の中の留め金が外れる、という感じなんです。

その結果、体や心の中で流れるべきもの、動くべきものが動き出す、ただそれだけなんです。

 

あれがいい、これが悪い、と、自分の体や心の外側を一生懸命探してみたって、健康なんていうものはいつまでも訪れないわけです。

 

だから、本当の意味での「健康法」なんていうのは、案外シンプルなものです。余計なことをしない、付け足さない。

それよりも、今まで見ようとしてこなかった、聞こうとしてこなかった体や心の声に耳を傾ける、ただそれだけなんです。

 

そういう意味では私など、本当に物事をよく知らないんです。

訪ねてこられるクライアントの皆さんのほうが、医療や健康法の知識とか、情報をいっぱい持っていることも度々あります。

 

ただ、注意を向ける部分はそこではなくて、あくまでも自分自身の足下に、そして内側にあるんだということです。

当塾でいつもお伝えしていることは、そのことです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの方にお伝えするために、読んだらクリックでご協力頂けると嬉しいです。

 ↓  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村