赤ちゃん、子どもの病気・怪我と個人指導(整体)

福井自然体健康塾の個人指導は、お子さんでも受けることができますが、幼児を含め18歳未満叉は高校生以下の方の場合、

■保護者の方が当塾の個人指導を受けた経験がある

■または、保護者の方も同時に受けて頂く

基本的に、上記どちらかの条件を満たす場合に限らせて頂きます。

 

  kodomo_seitai子どもの病気のほとんどにはそれぞれ『意味』があり、『役割』があります。

たとえば、ほとんどの子どもが経験するハシカ、水疱瘡、耳下腺炎(おたふく風邪)は、肝臓や腎臓、呼吸器や生殖器の発育のために必要な病気です。

従って、無理矢理その症状を押さえ込んでしまうと、その発育が中途半端に終わってしまうという弊害があります。

ところが実際には、同じように普段の風邪や、アトピー、喘息、発熱などにも、『身体を守り、成長させる』という積極的な意味があるのです。

 

また、子どもの身体はとても敏感で、大人が考える以上に、その『心』の状態が身体に表れています。

子どもの病気の大半は、その『心』の現れであり、親への無意識の訴えの表れでもあります。

偶発的と思える怪我にさえ、そういった面があります。

 

そういった面からも、 お子さんの病気や怪我の症状が長引いたり、くり返されたりしている場合は、保護者様にも心身の見直しをして頂く必要性があるのです。

どうかそのことを謙虚に受け止めていただいて、保護者の方がご自身の心身の状態を整えつつ、お子さんの心身に向き合っていただくこと・・・長年の経験から、このことが最も大事だと当塾では考えております。

 oyako

いずれにしても、お子さんの症状が心配だからと言って、無理に連れてくることは避けてください。 いい結果が出ないばかりか、逆効果になることもあります。

それでも心配な場合は、まず保護者の方だけが受けにいらしてください。

その際に、ご家庭でできるケアの方法をお教えしますので、それをご自宅で実践してください。

 

また、保護者の方の心身が楽になれば、自ずとお子さんの様子も変わってきたり、お子さんに対する見方が変わってくるはずです。  

 

 

■子どもの個人指導(整体)のお申込は・・・

通常の個人指導と同じようにお申込ください。

インターネットでお申込の場合は、お手数ですが二人分のお申込を送信して頂きますよう、お願い致します。