春一番の日〜

今日は午後から雨とはなりましたが、最高気温が16度まで上がる、温暖な一日となりました。

朝は生温い風が吹いていて、気象庁の発表では春一番が吹いたとのことです。

 

ますます春が近付いていることを感じます。

体の方は既に、本格的な春に入りかけているようです。

以前、一月には春のゆるみへの準備段階として、頭の骨が動き始めるというようなことを書きました。

この動きはもちろん今も継続中なのですが、本格的な春の変化というのは、腰~骨盤で起こります。

 

動物は春に繁殖期を迎えますが、人間の体においても、やはり春になると他の動物の繁殖期と同じように、性的な働きが高まってきます。

その変化は背骨にも現れて、生殖器とつながりの深い、腰椎4番の動きが活発になるのです。

 

腰椎4番が活動的になってくると、腰~骨盤が反ってきます。

なので、パッと見た目には分かりませんが、何となく、腰からお尻にかけて張りがあるといいましょうか、簡単に言いますと、プリッとしたお尻になるのです。

 

実際にそういう状態になるのはもう少し先のことですが、今はその準備として、腰椎4番が動き始めた段階の人が見られるようになってきました。

実際、4番を触ってみると、普段と感触が違うのです。

 

ちなみに、動物は繁殖期に入ると、体の一部の色が変わったり、体の形状や姿勢に変化が出たりします。

人間の場合は、上記のような腰~お尻のラインの変化が、それに当たるのだと思います。

他の動物のような「発情」という状況とは違いますが、ともかく春に現れる体の変化です。

 

春の訪れに伴いこうした「性的なエネルギー」とでもいいましょうか、そういうものが高まると、少々うかれたような、テンションが上がったような感じになります。

春は基本的に誰でもそういう感じになりますが、それはある意味健康的なことであり、少し浮かれるくらいのほうがいいのでしょう。

それがより腰椎4番や骨盤の動きを良くし、腰に反りをつくり、弾力のある体の土台となるわけです。

腰に反りのない体は、土台に弾力のない、カチカチの体になってしまいます。

同時に、心にも弾力のない、気分も重く固まったような状態になってしまいます。

腰の反りがあるということは、見た目だけでなく、何となくその人が醸し出す雰囲気に色っぽさが出てくるものです。

腰に反りがある人はフットワークも軽いですから、行動力もあります。

バイタリティに富んでいます。

そういう行動的な、勢いのある活発な様子も、ある意味「色気」と言えるでしょう。

 

しかし一方では、弾力があるということは、包容力もあるのです。

逆にただ慌ただしく動いているだけの人は、余裕がないのです。

焦りのために慌ただしく行動しているだけなんです。

だから「さりげない色気」というのがありません。

たとえば特に女性の場合、やたらめったら濃い化粧をし、派手な衣装やアクセサリーでしつこい程に着飾っている人がいるでしょう?

香水の匂いも強すぎたりする。

 

こういう人は、実は既に腰の弾力を失っている人に多いのです。

その焦りというか、それをごまかすために外側ばかりを飾らないと不安になってしまっているのです。

 

ちなみに腰椎4番や骨盤の動きが悪くなると鼻の機能が鈍るという連動性があるのですが、強い香水を好むようになってくるのも、その影響が考えられます。

 

また逆に、見た目など全くどうでもよくなってしまっている人・・・

男性でも女性でも、髪もボサボサ、服もしわくちゃ、「恥じらい」を感じないようになっている人なども、腰の弾力を失っている人です。

 

ちなみに、産後の女性は一時的に見た目を気にしなくなる傾向があります。

それは見た目を気にしている場合ではないほど、子育てに忙しいという理由と共に、産後しばらくは腰が弛緩し、生殖機能が休んでいる状態であるため、異性を意識するような感性も休んでいるのです。

時間が経ち、腰の弾力回復とともに、その感性も戻ってくるのが本来です。

しかし産後の過ごし方が悪かったり、疲労が強いとその感覚・能力も鈍ったままになってしまいます。

 

いずれにしても、春が刻々と近付き、そして腰に変化が表れ始めたこれからの時期、それはこの一年の土台(腰)を培っていく大事な時期と言えるでしょう。

これからの時期は、「浮かれる」というと語弊がありますが、ウキウキするようなことをイメージしながら、徐々に実際にその行動に取り組んでいく準備をするといいでしょう。

春は新しいことを始めたくなる季節、チャレンジしてみたくなる季節ですが、そういったことに向けて素直に心を弾ませることが、実は一番の健康法なんです。

 

と同時に、骨盤・腰周辺の緊張をとるようなボディワークももちろん併用するといいでしょう。

しかし頭が重く疲れている人は、まずそこからケアしていかなければなりません。

上(頭)が重いままでは、いつまでたっても下(腰)がゆるみませんから。

ただその頭も、「ウキウキするようなこと」を感じることによって、軽くなってくることは確かです。

※こういう時期は、頭をゆるめること、そして腰の弾力をよくすることを中心とした変化を誘導するのに適していますから、出来るだけこの時期に整体を受けていただくことをお勧めします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの方にお伝えするために、読んだらクリックでご協力頂けると嬉しいです。

 ↓  ↓

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村