病気・怪我・症状

病気・怪我・症状

足がつった時

夏の終わりから秋にかけての時期に比較的多いのですが、寝ている間に足がつる、ということがあります。または梅雨の時期にも多くなる傾向があります。 それが起こる原因は様々ですが、その一部については過去の記事で書いていますので、そちらをご参...
愉気法

打撲の手当てと怪我の意味

打撲をしたときの一般的な処置としては、湿布を貼る、患部を冷やす、といったようなものがあります。 逆にそれ以外に何があるかと言われると、ほとんど思いつかないのではないでしょうか。 もちろん病院に行けば検査をしてもらえるわけですが...
病気・怪我・症状

夏の後半から秋にかけての膝の痛み

前回の「暑い時期の脚、尻のだるさ」の話の続きです。 夏の疲れ(主に呼吸器や腎臓の疲れ)が原因となり、お尻(骨盤)が下がり、太もも(お尻の下)がだるくなる人が増えるといった話でした。 これは坐骨神経痛と言われるような症状...
病気・怪我・症状

新型コロナウィルス感染、その過ごし方の例

新型コロナウィルス(COVID‑19)感染、療養期間の体験談です。風邪やインフルエンザとは違うのか、自然に経過させることは可能なのか、実体験をあくまでも一つの例として報告します。
病気・怪我・症状

ぎっくり腰になりそうな状態

毎年、夏の終わりの時期特有の症状として、腰痛があります。 この時期になると、独特の腰痛を訴える人が増えます。 特にお盆を過ぎたあたりから初秋の頃にかけてですが、近年は暑さも厳しさが増している傾向があるせいか、もう少し早い時期か...
潜在意識と願望実現法

心のズレとストレス・病気

「体と心」、「病気と心」のつながりについての話をしていると、時々強い反発を受けることがあります。 その反発の大半は、「私は体の病気なのであって、心に問題があるわけではない」というものです。 「病気というのは気の持ちようだ」とか、「心が弱...
病気・怪我・症状

頭(神経)の疲れと鼻、顎関節の問題

人の頭は見た目上、丸い形をしていますが、触ってみると四角形であるかのように感じることがあります。 実際にはリアルな四角形ではないんですが、角があるかのように感じることが多いんです。 その「角」を感じる位置が、写真のように頭を抱える時に押...
病気・怪我・症状

「背骨の溝そうじ」で流れがよくなる

前回のブログで、背骨に疲れが溜まり、それが背骨の脇に筋肉の塊のようなものとして現れる・・・という話をしました。 ひどくなると、その塊が点から線へと。 背骨の脇に針金が入っているかのような状態になっている人をみかけますが、そうなるとかなり...
病気・怪我・症状

疲れは背骨に溜まり、全身に波及する

体の疲労というのはどのように溜まるのでしょう? 様々な観点、見解があると思います。 整体における疲労度の見方の一つとして、背骨の状態というものがあります。 疲れが蓄積してくると、背骨が固まっていくのです。 背骨が固まるといっ...
タイトルとURLをコピーしました