体と心全般

体と心の話

音の裏側

私は昔から、音に対して神経質なところがあります。 雨や風の音とか、機械の音に対してはさほどでもないのですが、人が出す物音に対してはかなり神経質です。 たとえば、皿を洗うときの音とか、食器を置くときの音。 お店に入っても、洗...
体と心の話

理論の暴走

昔は妊婦さんが壁をかじっていたり、雑草や土を食べたくなった、なんていう話がよくありました。 昔の土でできていた壁なんていうのは、ミネラル分が豊富だったのでしょう。 そこまで極端ではなくても、普段はぜったい食べないようなものをどう...
体と心の話

「逃げる」ということ

前回の「逃げを封じる」という話と全く逆のことを書くようですが、「逃げる」ということがとても大事なときというのも、あると思うんです。 たとえば体の面で言うと、痛みを感じる姿勢から逃げることで、その痛みの元となっている歪みや偏りを取るとい...
体と心の話

逃げを封じる〜心と体の体操

これを言っちゃおしまいかもしれませんが、一人でやる体操にはどうしても限界があります。 それは、いくらでも「逃げ」が出来てしまうからです。 動きの悪いところや伸びの悪いところがあっても、その部分を使わず、他の場所でフォローして形だ...
体と心の話

境遇に腹を立てる人

もう20年近くも前の話ですが、私が「療術」の仕事を始めたばかりの頃、親戚のおばさん宅に通って施術をしていたことがあります。 そのおばさんは、「私は足が痛いから〜〜」というのが口癖になっていたので、随分具合が悪いことは知っていたんですが...
体と心の話

医療批判

整体をやっている人には、西洋医学に批判的な考えを持っている人が多いです。 整体に限りませんが、東洋医学、民間療法、自然食、その他様々な健康法の関係者からサプリ、健康食品の販売者まで・・・ 現代医療を強く批判する人はとても多いし、同じ...
タイトルとURLをコピーしました